« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月28日 (木)

ためてからの連鎖!

Img_0337
コツコツ作って、素焼きにしてならべて、一気に焼く。
なんか、ぷよぷよみたいなゲームで、連鎖して一気に消えてく時の爽快感に似てる!
陶芸は工程が長くて、しかも窯の大きさが決まっているので、なかなか完成しないのですが、これは人にもよるかも。

Img_0338
話は変わって、昨日益子の村澤陶苑の登り窯準備を手伝ってきました。
がんばっているのは、指導所同期の村澤享くん。
村澤陶苑では2年前に突然の代替わりで彼が仕事の中心に。
その直後の震災での登り窯倒壊。
やっとの思いで新しい登り窯を作って、今回が初窯です。
ここまでがんばりましたね。
うまく焼けるといいなー。

この窯での連鎖感覚はうちの比じゃないね、きっと。
窯焚き、がんばれ!


| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

冬の総括

Img_5094
えー、ブログの更新が滞ってますが、いろいろありました。

冬も終わって、茂木も梅の春。
卒業式シーズンですので、その雰囲気で振り返ってみますよ。
くだらないので要注意。

それでは、卒園式の「おわかれのことば」のイメージで。
BGMは「仰げば尊し」のピアノバージョンで。

・・・・・・・

「強風で、棚が二度倒れた、熊谷のイベント。たくさんの作品が粉々になって、本人も引きました」
(一同:引きました)

「寒さで凍って割れた、仕事場の水道管。自分で作った水道なので、苦笑いでした。」
(一同:苦笑いでした)

「自分で取り付けた、ウォシュレット。あまりの快適さに、うっとりでした。」
(一同:うっとりでした)

「この冬買った、加湿機能付きの空気清浄機。加湿するには、冷たい風が出て来てしまって、極寒の我が家ではとても使えませんでした」

「調子に乗って、自分で貼ってみた、風呂場のタイル。翌日、ほぼはがれ落ちた時には目の前が真っ暗になりました。」
「はがれたタイルを回収して、たらいで接着剤を洗い落とす様子は、まるで大量のシジミを洗っているようでした。」
「2cm角の5000個のタイルを地道に貼っていくのは、まるで修行でした」
「街中でチェックの柄を見るたび、プレッシャーでした」
「素人のタイル貼りは、小豆相場並みに危険でした」
(一同:小豆相場並みでした)

「休みの日にはジャム作りとパウンドケーキ作りって、おまえ、OLの休日かって感じでした」

「この場所に移り住んで、丸10年。
11年目のtaro-coboも、ゆるりと続いていきます。
よろしくお願いします」
(一同:お願いします)

次こそは、陶芸の話題でー。










| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

わびさびや(桐生市)

Img_5077
先日(もう、ちょっと前のことになりますが)相方の仕事で、群馬県桐生市の「わびさびや」に行って来ました。
体に安心の食材と、おいしいジェラートのお店。
小上がりのような4畳半の畳敷きスペースでは、たびたび展示会をやっているようです。
ジェラート、美味いです!
黒糖、桜、酒粕をいただきましたが、アイスのような和菓子のような感じ。
うまーい。

帰りには足利のココファームによってワインを買って帰る。
ワイン飲むと二日酔いになるんだけどね。
飲むのは楽しみ。

Img_5076
うちの梅も満開になりました。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »