« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

スエトシヒロさんとの再会(松本クラフトフェア)

Img_3335

先週末、松本クラフトフェアに出かけました。
今年は出店も手伝いもなかったので、単純にフェアを楽しみに。

いろんな人との再会も楽しみでした。
益子の人、工房からの風で一緒だった人などなど。

なんといっても、陶芸家スエトシヒロさんとの再会を楽しみにしてました。
スエさんのご実家は相馬焼きの窯元。個人の作家としては、象眼を施した磁器の器を作っています。
福島原発からはすぐそこの場所で、仕事場では水蒸気爆発の大きな音も聞こえたとか。
現在、相馬焼きの窯元の方々は避難していて仕事ができない状況ですが、スエさんは貸し窯のある瀬戸へ拠点を移し、仕事を再開。

元気そうで良かったー。
会えて良かったよ。
スエさん、前向きでした。
たくましい!

10月の「工房からの風」(市川)に参加するらしいので、このときも会えるかな。

Img_3327
上田のルヴァンでパンを買ったりと、長野路を楽しんできました。

注文した念願のforest(高根沢町)の靴、届くのが楽しみだなー。

スエトシヒロさんのブログ
http://d.hatena.ne.jp/cykcyk/

forest shoemakerのホームページ
http://www.forestshoes.com/


| | コメント (0)

2011年5月25日 (水)

スバル360

Img_3317
Img_3320

うちの近所の車屋に「スバル360」が!
かわいい!
ほしい!絶対ほしい!

3台目は、無理か。。場所はあるけどなー。

北海道の竹之内家の最初のマイカーがこの車だったらしい。
この小さい車(ボディは赤だった)に乗ったのをぼんやり覚えているな。
後部座席の床が抜けたのも。(道路が見えていた)

写真の車は昭和43年製、最後の車検は昭和63年ころ。
僕より、ちょっとだけ年上だ。
この車を見ると、「未来」を想像していた子供の頃を、自然に思い出します。

ドラえもんやキテレツを見て、未来の世界、科学の世界に思いを馳せていた。
「未来」に本気で憧れていました。

地震があったり原発の事故があったり、いや、そのまえの大不況があったりで今の子供たちは未来を見失わないだろうか、と心配になってしまいます。
「だから日本人はダメだ」とか、「ここが日本人の悪いところで、、」などの表現が何かと気になります。

原発の事故を経て、「もう原発はだめだ。30年前の生活に戻ろう」という表現よりも、「原発はもう古い!新しい方法(発電または生活スタイル)を発見しよう!」のほうが未来に向かって行くような気がします。

ひょっとしたら30年後くらいには、「***発電」「***エネルギー」という、安全でクリーンなシステムが確立されているかもしれません。
あるいは、やはり太陽光か。
原発はそれまでのツナギかな。野依センセイも言ってるように。

「昔は発電に原子力とか石油、ガスを使ってたんだって。あぶないね。今は***発電があってよかったねー」なんていう会話が生まれることを想像したりして。

・・・・・・・・

↑やっぱりかわいい車だなー。
益子か茂木の方、だれか買いませんか?
横に乗っけて下さい。ドライブ行きましょう。




| | コメント (2)

2011年5月20日 (金)

「雑貨カタログ初夏号」

Img_3316

すっかり、夏の暑さとなりつつあります。
庭の草も元気にのびております。
刈らなきゃ。

今発売中の「雑貨カタログ初夏号」に作品3点が載っています。
通販のページですが、きれいな写真を撮ってくれてうれしいです。
隣のページには、工房からの風で一緒だった中村智美さんのナベが載ってますね。

今号の雑貨カタログは北欧モノの記事が充実。
しっかり読めます。

残念なことに、この雑誌は今号で休刊となります。
ざんねんだー。

| | コメント (0)

2011年5月11日 (水)

アコガレのアノヒト(たち)。

Img_3314

くだらない内容です。
とばしてください。
単に好みのはなし。

チオビタまたはプリウスの菅野美穂
パスコの小林聡美
ダイワハウスの深津絵里(リリーフランキーっ!)
マキアージュの椎名林檎
土岐麻子さんは声も顔も。

かーわいいなー。

テレビのこと、もう「ブラウン管の向こう」とは言わないですね。
なんだか寂しい。

テレビと言えば、吉祥寺の「おちゃらか」がたびたびテレビに登場してます。
今度の「ぴったんこカンカン」にも、taro-coboの器が映るかも。





| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

陶器市終了しました

Img_3310
益子春の陶器市が終了しました。
たくさんの方に来ていただいて、本当にありがとうございました。

「陶器市、開催されないかと思ったよ」っていうお客さんも多数。
みなさん、窯や細工場、作品の被害の状況を心配していただいて。。
幸いうちは被害も少なく、既に通常通りの制作活動ができる状態です。

このあと僕は、吉祥寺、代官山、新宿、横須賀、江別あたりに順次伺います。

チャリティーのカップ「home」(早く家に帰れますように)21個分の義援金を入金しました。
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
カップを使うときに、少し思い出していただければと思います。

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

Img_3302_2

陶器市もあと一日となりました。
開催前までは不安なところもありましたが、毎日予想を裏切る盛況ぶりです。

「例年通りだ、よかったー」などと思っていましたが、それはちがうかもしれないことにようやく気づきました。
たくさんのお客さんが、益子を元気にしよう!と思って来てくれているようで。
常連の方、初めての方、久しぶりの方、他所で知り合った方。友人。
本当にありがとうございます。
みんなで、陶器市楽しんで元気になりましょう!

儲かったら、経済を回すことに貢献します(笑)

明日は最終日です。
お待ちしていますー。




| | コメント (2)

2011年5月 3日 (火)

陶器市、後半戦。

Img_2692

陶器市、後半戦スタートです。
昨日、今日もたくさんのお客さんで賑わいました。
ありがとうございます!

今日は、朝の比較的すいてる時間を利用して挨拶回り。
画像の器の矢口君は見目テント村のすぐ隣に出店。
青、アメ、きれいです。
(矢口君は指導所での友人)

「虫や」のあたりの菅谷君、路地裏テントでは dipsumさんや古橋君、郡司君、長谷川さんにご挨拶。
力つきてしまい、遺跡広場、かまぐれは立ち寄れなかった。。

毎年楽しい人が増えていくのも陶器市の魅力ですねー。
5515(ココイコ)map参考にしてください。

矢口君のブログはこちら


共販センター横の「よこみちテント」の常滑組も楽し。

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

陶器市前半戦修了!

Img_3308

陶器市3日目の今日は、やや荒れ模様。
午前中弱い雨で、やんだと思ったら強風!
それでもたくさんのお客さんに来ていただきました。
ありがとうございます。

「陶器市」とはいっても、いろいろなジャンルの作家が出店するのも魅力の一つ。
KENMOKUテント村に出店のマツノさん(PRATO PINO)のガラスもきれいです。
蛇口のオブジェ、必見。
マツノさんの工房は千葉の九十九里のほうにあって、津波のときは玄関口まで海水が迫ったとか。
普通、ガラスの窯は一年中つけっぱなしで、停電などで途中で止めて冷えてしまうと、ルツボが割れたりと大損害なんだそうです。
陶芸窯とは違うんですね。

Img_3299

新色、試しています。
評判はどうかな。いろいろ展開してみたい。

明日は平日、中休みになりそう。

松野さんPRATO PINOホームページ

陶器市限定「豆カレー」やさん
彫刻家 古川さんのブログ

KENMOKUテント村仲間の川尻君のブログ
life+tool川尻製陶所



| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »