« 茂木の美味いところ。 | トップページ | MacBook »

2010年5月21日 (金)

itonowa(合羽橋)〜清澄〜六本木

Img_2572

曇り模様の水曜日、小雨を警戒しながら東京方面へ。
幸い雨はほとんど降らず、一安心。

合羽橋道具街は独特の雰囲気。
プロの使う調理道具が街にあふれているのは圧巻ですね。
料理が得意でなくても、テンションあがります。

その道具街のほど近くにあるカフェ「itonowa」
イイホシユミコさんの器を使っていることもあって、行ってみたかった。
ちょうど昼時、4つあるテーブルは満席で15分くらい待って店内へ。
すっきりした店内、客席と調理場が一つの箱の中にある感じ。
何となく気安い感じがよいです。
カレーはチーズがまろやかでうまかった。
そして、ジンジャーエールがうまい!これ、はまりました。
アンザイさんのリンゴジュースも濃厚。あまいー。うまいー。
ジンジャーエールの小瓶を買いました。炭酸水で作ってみよう。

その後は、清澄の「小山登美夫ギャラリー」へ。
Casa BURUTUSで、奈良美智さんが陶芸やっている記事があって。
よく読むと、いま東京で作品を展示している!ということで、早速行ってみました。
倉庫の上がギャラリーになっていて、エレベーターが巨大なのが面白い。
雑誌に載っていた「でっかい頭」は、まさかないだろうな、と思っていたら、あった!
で、でかい!かわいい!
絵皿やとっくり(?)もあって、こちらもかわいかったです。

六本木は、元の職場(麻布台)にやや近いのだが、ほとんど訪れたことがない。
今回は、相方と「和ガラス」の展示をみるためサントリー美術館(東京ミッドタウン)へ。
江戸初期から明治前期あたりまでのガラス製品をみることができました。
美術品というよりは「高価な珍しい工芸品」だったのだろうか。
作家のサインが入っている訳でもなく、職人が一生懸命にアイデアと技術を駆使して作った感じがとてもよかった。
相方は色の美しさに見入ってましたねー。

いろいろ見て、いろいろ刺激を受けた一日。
また作りたい気分を高めた一日でした。

・・・・・・・・
「itonowa」
http://www.itonowa.com/index.html

「小山登美夫ギャラリー」
http://www.tomiokoyamagallery.com/








|

« 茂木の美味いところ。 | トップページ | MacBook »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茂木の美味いところ。 | トップページ | MacBook »