« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月25日 (木)

TaroとHanakoのあやしい関係、再び

Img_2452

去年に引き続き、雑誌Hanako(966号)にて、taro-coboの工房の様子を紹介してもらってます。
「春のおでかけ」がテーマの今号。
益子もそのコースの一つとして取り上げられています。
独立前にお世話になった「KENMOKU」さんも載ってます。
紙面で師弟共演が実現するなんて。感激。

さらに、作品の写真では友人の郡司君の作品とお隣同士。
去年のるるぶでショウジちゃんと共演したのに続いて、友達シリーズとなりました。嬉しいです。
陶器市でよく一緒になる「カンキチ工房」も載ってますよ。

と、益子の特集をはなれて、桐生の紹介のところには、、あれ?、田村君の器?

おねーさんはもちろん、おにーさんも是非手に取ってみてみてください。
ページをめくると、出かけたくなる雑誌です。

Img_2451

ただいま、ポット乾燥中。
こいつら手間がかかるので、組み立てたものが愛おしく感じる。

Hanako(966)

| | コメント (9)

2010年2月22日 (月)

クロカン

Img_2415

先週、よく降って、さっと融けましたね。
昨日あたりから、昼間は春の感じです。

オリンピック、見てしまいます。
夏に比べて、冬の競技はスピードが速い。
ソリ競技とか滑降とか、すごすぎる。

クロスカントリースキーの競技を見ると、学生時代を思い出します。
体育の出席日数が足りなく、冬に補講を受けることに。
雪の降る中グラウンドに集められて、スキーを履いて、2時間くらいひたすらグラウンドを行進。。
ああ、サボらなければ良かったな、と思いながら雪の中をぞろぞろ。かなりきつかった。
さながら八甲田山の雪中行軍。
青森だけに。

後半の競技も楽しみにしながら、仕事仕事。
今日はポットの組み立てでしたー。




| | コメント (2)

2010年2月16日 (火)

ジュンペーさん

Img_2441

大学4年のこの時期、卒業論文のデータを取るため実験の日々が続いていた。
その日も、担当の助教授の部屋の実験器具に向かって、細かく振れる針を読んでいた。
ストーブの上のヤカンの音と、助教授の机の上のラジオの音。
低くつぶやくラジオから、ニュースが伝えられた。

「・・・騎手の岡潤一郎さんがなくなりました・・・」

細かく振れる針を見つめながら、しばらく立ち尽くす。

(ああ、岡君、死んじゃった)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岡君は隣町の様似出身。
JRA競馬学校入学前の一年間、地元浦河高校に通い、馬術部にも所属した。
当時中学生だった僕も、少年団の練習なんかで顔を合わせることも。
小柄で、ちょっとかっこ良くて、とても明るい人だった。

僕が高校3年の頃に、岡君はデビュー。
「ジュンペー」って呼ばれて、けっこう活躍していた。
競馬好きの寮の先生に「岡潤一郎って騎手、知ってますか?」と聞くと、「知ってるよ。上手い新人だ」なんて言ってて。
ああ、岡君は有名人なんだ、って鼻が高いようなうれしい気がした。

そんな岡君が亡くなってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・

亡くなる日の2週間くらい前だったか、岡君がレース中の落馬で入院したことを知る。
次の日からは、それまで買ったことも無いスポーツ紙を、毎朝コンビニで買って大学へ向かった。
新聞の記事は、岡君の状況が一進一退を繰り返していることを伝える。
手を握ると反応があった、とか、やっぱり呼びかけに反応しないとか。
徐々に状況は悪くなる。
肺炎を発症。
熱下がらず。

そして、帰らぬ人となってしまった。

大学卒業後、僕は地方競馬の仕事が決まっていたので、もしかしたらどこかで岡君に会えるんじゃないかと思っていたんだ。
だから、余計にショックだったのかもしれない。
卒業間際に配属先が騎手養成に決まったときは、ちょっと複雑な気分だった。
いまでもレースを見ると、怖いなとちょっと思う。
これでは教官失格だよな。

この季節には、ふとあの日のことを思い出してしまう。
あの日からもう17年。

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

渓山荘〜ボーイズトークの夜〜

Img_2419

群馬県川場村の温泉「塩河原温泉 渓山荘」で、ワークショップ&プチ展示会でした。
一年ぶりの再会、くつろぎの宿、最高の湯、すばらしい食事!
これは、これは神様がくれたご褒美なのかっっ、と思うくらい。

ええ、今年も癒されてしまいました。
きちんとワークショップのお手伝いはしましたよ。ええ。

夜は、美味しいお酒と夜食(?)のキムチ牡蠣鍋をかこんで「ボーイズトーク」
地元の蔵人の方も交えて、話に花が咲きました。いろいろね。イロイロ。
あれ?「ボーイズ」のなかに女将さんもいらっしゃってましたね。

他の季節も訪れてみたいです。
緑がキレイなんだろうなー。
かなりおススメのお宿です!

| | コメント (5)

2010年2月 5日 (金)

日光珈琲

Img_2385_3

しばらく日光に行ってなかったので、先日ふらりと行ってみました。
気になるお店もあったし。
日光には以前、騎手養成所時代に候補生の引率で来たこともありました。
(候補生がカステラ屋の試食品を食べ尽くしたこともあった・・)

「日光には行ったことあるけれど、栃木県は知らない」という人が多いようです。
栃木県の知名度は低いねー。

日光の手前、旧今市市のカフェ「日光珈琲」でお昼ご飯に。
一度行きたかったのです。
「ぷっすま」でも取り上げられてたから混んでるかなーと思ったけど、平日だったからか落ち着いてました。
評判のオムライス、うま!
トリがごろっと入ったスープカレーも美味でした。

Img_2386

すぐ向かいには古道具屋や古本屋。
いい感じの小路です。
宇都宮から意外と近くて、茂木からも行きやすい距離。

Img_2391

世界遺産も見てきましたよ。
「三猿」は有名だけれど、その他にもこんな「崖っぷち猿」も。
崖っぷちにいる時も友達が助けてくれる、ということかな。

今度はいろは坂上って、中禅寺湖や戦場ヶ原にも行ってこよう。
この時期には、クロスカントリースキーをかりるのも楽しいのです。

・・・・・

「日光珈琲」

11:30-21:00(L.O. 20:30)
定休日 月・第3火曜

栃木県日光市今市754
www.nikko-coffee.com

| | コメント (1)

2010年2月 1日 (月)

渓山荘・トンボ玉ワークショプと二人展

Img_2403_2

群馬県川場村の塩河原温泉「渓山荘」で、トンボ玉のワークショップがあります。
これにあわせて、同じ日程で二日間限りの「ガラスと陶器の二人展」もあります。

最高の温泉に、おいしい食事を楽しんで、トンボ玉作りを体験なんていかがですか?
近くには川場スキー場もあるようなので、スキー帰りに温泉なんていうのもいいですね。

去年までは雪道運転手だけだったのですが、今回はワークショップの手伝いで役に立てるように、トンボ玉特訓!(一日だけでしたが・・・)
ワークショップだけでも、気軽に遊びに来てくださいー。

・・・・・・・・・・・・・・

「トンボ玉作りのワークショップ」
2010年2月10日(水)ー11日(木祝)
10日(水)13:00〜16:00
11日(木)10:00〜15:00

「渓山荘」
群馬県利根郡川場村門前2532−3
0278−52−2236

http://www.keizansou.com

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »