« 長沼ジンギスカン | トップページ | 煤との格闘の日々。 »

2009年9月 4日 (金)

解体現場から

Img_2024

建築関係の仕事をやっている知り合いから、「解体現場があるから一緒に行こう!」とのお誘い。

ちょうど引き戸が欲しいと思っていたので、いそいそと出かけました。
現場は筑西市(旧下館)。
国道からちょっと入って、細い道をたどって行くと現場がありました。
おお。立派な家だ。
周りも古くて立派なお宅が多い。

現場のお宅は江戸時代末期の建築ということ。
うちより古い。そしてうちよりデカイ。
こんな立派な家を壊すのはもったないなーと思ったけど、中に入ると基礎がだいぶ沈んでいて、つかの部分が上がってしまって、床がぼこぼこになっていた。。
これではもう住めないかな。
ここの家は丁寧に解体して、梁等の材料を新しい家に使うとのこと。
解体屋さんの仕事もたいへんですねー。

Img_2027

引き戸と一緒に、文机ももらってきました。
いい感じです。

電灯のガラスの傘もらうの忘れた!
いい感じだったのにー。

|

« 長沼ジンギスカン | トップページ | 煤との格闘の日々。 »

コメント

ヽ(´▽`)/古民家で住んでみたいと憧れますが、古すぎて、地震の時はどうなのよ?・・・みたいな・・

投稿: dairii | 2009年9月10日 (木) 00時33分

>dairii
うーん、地震は正直なところ怖いね。
なにしろ、屋根が重いし。
うちの柱は、どれもまともに立っていません。
それぞれ傾いています。。

投稿: taro | 2009年9月15日 (火) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長沼ジンギスカン | トップページ | 煤との格闘の日々。 »