« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

秋の音

Img_2107

秋の仕事場は、トタン屋根の上が少し賑やかです。
夏は裏山の竹の葉が、「さらさら」と屋根をこする音だったのが
この時期は、風が吹くと、「かさかさ」と落ち葉の落ちる音。
そして、「ごん!ごろごろごろ」、と栗の落ちる音。
これが以外にデカイ音で、けっこうびっくりする。
ああ、秋だなーって感じ。

例年はこんな感じだけど、今年は違いました。
裏の竹が一本、仕事場の屋根の端っこを突き抜けて成長していて、
どうやらそれが風に揺れて動いたらしい。

「めきめきめきめきー!」

仕事場が崩れたかと思いました。
あわてて裏に回って、初めて竹の存在に気がつく。
とりあえず根本から切っておいたけど、屋根に刺さったまま抜けずにぶら下がってます。

竹、割と油断ならないなー。



| | コメント (5)

2009年9月24日 (木)

プール

Dsc03462_2

映画「プール」を見てきました
なんにも起こらない、静かな映画。
タイを舞台に、6日間の日常を切り抜いた話です。

市場の風景や屋台、料理のシーンが印象的で、お腹がすいた。
スクリーンの中の人たちみんなに会いたくなるような、とてもいい映画でした。

それにしても、「カモメ食堂」といい「めがね」といい、これらの映画は旅に出た気分にさせてくれる。そしてお腹がすく。

まあ、とりあえず。
小林聡美、すてきだ。(彼女が歌う劇中歌、いいです)

| | コメント (3)

2009年9月23日 (水)

栗ひろい

Img_2098

茂木もすっかり秋めいてきました。
稲刈りもだいぶ進んでいます。
栗の木には大きなイガがたっぷりと。
はちきれんばかりに大きくなった栗の実が、ごろごろ落ちてきます。
栗ご飯にして食べました。
まだ、落ちてくる。

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

吉祥寺の路上ロクロ。器はフランスへ。

Sencha

おちゃらか展示始まりましたー。
吉祥寺の通りでのロクロ実演も恒例になってきましたね。
興味をもってもらって、ぜひ益子に遊びにきてほしいものです。
なかには、陶芸をやりたいと思っているという人もいて。
ぜひ、益子へ!と、お誘いしました。
陶器市楽しいですよー。

おちゃらかのステファンさん経由で、taro-coboの器がカナダとフランスに旅立ったそうです。
さらに来月はステファンさんとともに、急須と湯飲みがフランスのリヨンへ。
自分が行ったことの無い土地へ、作品が赴きます。
不思議な感じ。

↑今回の写真は、ステファンさんのブログから拝借しました。
フランス語が読める方は、チェックしてみて。
静岡の茶畑ツアー等もやってるのです。
商売というより、人と人を近づけるのが好きな人みたい。

ステファンさんのブログ
http://stephanedanton.wordpress.com/










| | コメント (2)

2009年9月17日 (木)

おちゃらかでロクロ実演!(吉祥寺)

Img_1898

吉祥寺の和カフェ「おちゃらか」にて「taro展」です。
いつも常設で置いてもらっているのですが、点数を増やしての展示です。
よかったら、お茶飲みがてら覗いてみてください。
初日(9月19日土曜日)はロクロを持ち込んで、実演予定。
路上ライブです。

最終日が決まりました。(最終日は搬出のため、夕方頃にはお店に居る予定)

「おちゃらか」taro展
9月19日(土)〜10月4日(日)
(初日のみ在店予定)

180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-11 中田ビル    
http://www.ocharaka.net

↑猫は実家の。

| | コメント (1)

2009年9月16日 (水)

北東北旅行(お土産編)

Img_2089

僕が買ったのは、みちのくあかね会のマフラーくらいで、あとは小さいものをちょいちょいと。
相方はいろいろと手にしていました。
このこぎん刺しのバックも。
かわいいね。色もいい。
そのほか、釜定で南部鉄器の小さなフライパンとかも手に入れていた。

Img_2086

弘前の和菓子屋さん「寿々炉」のお菓子です。
店名と同じ名前のお菓子「寿々炉」は上品で甘さ控えめ。
まだ開けてないのもあるので、リンゴを使ったお菓子等、これから楽しみ。
中三(なかさん)の裏手あたりにあります。

あとは、シャイニーのリンゴジュースを2本。
アオレンのリンゴジュースは、石場旅館でお土産にいただきました。
どちらも美味いです。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

北東北旅行(岩手編)

Img_2077

北東北の旅、続きは岩手編です。
盛岡を回ってきました。ここもキレイな街だったんですねえ。
(盛岡競馬場しか行ったことが無くて。。)

Img_2069

まずは宮沢賢治ゆかりの「光原社」へ。
岩手のみならず、各地の工芸品がセンスよく並べられていました。
表のお店から中庭へ入ると、ギャラリーや喫茶が!
とてもかわいい空間です。
突き当たりは北上川に面していて、気持ちいい。

Img_2074

ちょっと移動して「みちのくあかね会」の工房へ。
羊毛の選別から毛糸の紡ぎ、染め、織りまでの全課程を行っている工房です。
「ホームスパン」というらしい。
元気な女性たちが印象的。
お邪魔した時は休憩時間だったのかな、工房の床に車座になって、楽しげにおしゃべりしてました。
キレイな色の作品の中から、迷いに迷って緑色のマフラーを買いましたよ。

Img_2075

中津川沿いの、紺屋町の通りをぶらり。
丸竹茶屋で餅三点盛りをいただく。
青豆きなこ、黒ごま、くるみの三種が三切れずつ。
うまい!
が、けっこうなボリュームだ!
満足です。

「ござ九」は古くからある日用品の店。荒物屋さんといったところかな。
建物がすばらしい。(写真失念。。)

すぐ近くの南部鉄器の店「釜定」は、モダンでシンプルなデザインが特徴。
牛の箸置きかわいかったなー。
こちらも写真なしで。すみません。

夕方、閉園間際の小岩井牧場をぶらついて、冷麺たべて帰路につきました。
日付をまたいで、土曜日になってから高速をおりたので、盛岡から矢板まで1000円。
わかっていても、料金が表示されると「おおー」と思ってしまう。

次は、お土産報告できるかな。

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

北東北旅行(青森編)

Img_2043
北東北の魅力をもう一度感じたいと思って、東北自動車道を北へ。
前日までにたまってる仕事の、作り・乾燥・素焼きまでやっつけて。

一日目は、青森の弘前へ。
ステーブルスに寄ったあとは、弘前公園を歩いたり、旧図書館や外人教師館なんかの古い洋館に入ったり。

Img_2055_2

宿泊は「石場旅館」
これまた歴史ある古い建物で、味があります。
レトロな風呂が気持ちいい。
料理はたっぷり!(一番シンプルなコースを頼んだのに)
ホヤもホタテもうまい!
弘前に泊まるならおすすめですね。

二日目のメインは「こぎん研究所」
弘前の伝統的な工芸の「刺しこぎん」を作っているところ。
作業について親切に説明してくれて、商品もたくさん見られます。
研究所の入ってる建物も良い。

Img_2066_2

午前中に弘前を出て、十和田市美術館へ。
美術館に向かう途中で、十和田湖畔のクラフトショップ「ゆずりは」に立寄る。
馬具職人の作るバッグは、さすがにしっかりとしていて、かっこ良かったな。
奥入瀬渓流を横目に見ながらのドライブ。
雨も上がって、木漏れ日がきれいでした。

美術館では、こんな馬が出迎えてくれます。
十和田市は、学生の頃よく馬術大会で来ていた街。
こんないい美術館が出来たなんて。
展示はとても面白かった。
道を挟んだ向い側にも、これから何かできるもよう。

3日目は盛岡へ。岩手編をお楽しみに。




| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

煤との格闘の日々。

Img_2029

朝晩は涼しくなったけど、昼間はまだまだ暑い。
アイスもまだ美味しく食べられる。

「パナップ史上最大のソース」のウタイ文句につられて買って、ふたを開けてみるとこんな笑顔が。。
おお。これは「あたり」なのか。めでたいことなのか。
しかし、ソースの量は明らかに少ないぞ。

今日は素焼きの前の乾燥の日。
昼間は暑かったので、ばっちり乾燥。
そのあいだ、今日は一日、大工仕事にあてました。
寝室の煤の落ち方がひどいので、天井の下にもう一枚板を張ることに。

午前中ホームセンターで板とペンキを買って、家に帰ってまずペンキ塗り。
この時点で3時くらい。
それから板を張っていくのだけれど、ひとりだとけっこう難しい。
ずっと上を向きっぱなしで、首が痛くなる。。
6枚の板を張るだけで2時間近くかかってしまった。
(ほんとはもう一部屋張りたかったのだが断念)

ついでに土間のあたりの掃除も行う。
梁に積もった煤を落としたら、身体中煤だらけに。
囲炉裏も復活させなければ。



| | コメント (3)

2009年9月 4日 (金)

解体現場から

Img_2024

建築関係の仕事をやっている知り合いから、「解体現場があるから一緒に行こう!」とのお誘い。

ちょうど引き戸が欲しいと思っていたので、いそいそと出かけました。
現場は筑西市(旧下館)。
国道からちょっと入って、細い道をたどって行くと現場がありました。
おお。立派な家だ。
周りも古くて立派なお宅が多い。

現場のお宅は江戸時代末期の建築ということ。
うちより古い。そしてうちよりデカイ。
こんな立派な家を壊すのはもったないなーと思ったけど、中に入ると基礎がだいぶ沈んでいて、つかの部分が上がってしまって、床がぼこぼこになっていた。。
これではもう住めないかな。
ここの家は丁寧に解体して、梁等の材料を新しい家に使うとのこと。
解体屋さんの仕事もたいへんですねー。

Img_2027

引き戸と一緒に、文机ももらってきました。
いい感じです。

電灯のガラスの傘もらうの忘れた!
いい感じだったのにー。

| | コメント (2)

2009年9月 1日 (火)

長沼ジンギスカン

Img_1997

先月、お盆過ぎの金曜日に、元の職場にお邪魔しました。
教官時代お世話になった先輩から、
「うまいジンギスカンがあるから来いよー」
とのお誘いを受けて。

厩舎で馬の顔見て、走路に行って。

Img_2003
お前の乗ってた馬、まだ元気に生徒乗せてるよ、って言われて。
まだ元気にがんばってるんだ、サンちゃん。
もう20歳か。でも見た目に若いな。毛艶も良い。
グイッポ(ゲップのような遊び、癖)やるときに、歯が痛くないように柵に藁を乗っけるのです。賢いな。
この柵に歯を当てて、空気を吸って「グエー」って音を出す。
面白いのかなー。
あんまりやると、お腹痛くなるよ。

ジンギスカンは長沼のもの。
全然臭みがなくて美味しい!
昔話と、今の競馬のこととか、陶芸生活の話とか、、
話は尽きず。楽しかったー。

先輩の一人が「明日、夏時間なんでお先に」って帰られた。
翌朝5時すぎには訓練開始でした。
すみません、おつきあいいただいて。。

ジンギスカンをごちそうしてくれた先輩(高校の先輩でもある)に、当時から言われていたこと。
「人脈、大事にしろよ」
勤め人だった当時は、正直ピンときてなかったのだけれど、今、独立して一人で仕事をするようになって、この言葉の意味がしみてきます。

一人で生きてる気になっていたのだけれど、ホントにたくさんの人のお陰で、仕事ができて生活できている。
今、やっと実感しています。
先輩の仰った「人脈」って、ただ単に顔知ってるとか名刺もらったとかではなくて、「助け合える人」ってことかな。
いま僕の周りは「人脈」がいっぱいです。感謝。

今度は乗りに行きます。
お手柔らかに。

Img_2002

↑厩舎にいたかわいいコ





| | コメント (4)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »