« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月28日 (火)

ガラスと白い器の二人展(野田市・furacoco)

Img_1940

千葉県野田市の古民家カフェ「furacoco(フラココ)」さんにて、二人展を行います。
夏にぴったりのガラスの作品と、白い器ということで。
ブルーの器も持って行く予定。

furacocoは、ホントに落ち着くお店で、もちろん料理はウマい!
最終日には作家二人が在店予定です。
ぜひお越し下さいませー。

・・・・・・・・・・・・
「伊藤亜木 竹之内太郎 ガラスと白い器の二人展」
2009年8月11日(火)〜23日(日)
(23日は17時までの営業となります。最終日作家在店)

cafe+gallery furacoco(フラココ)
〒278-0006
千葉県野田市柳沢40
tel: 04-7121-2327
http://furacoco-nuu.com

平日  11:00ー17:00
金土日 11:00ー20:00(LO)
定休日 月曜日



| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

46年ぶり

Img_1787
「46年ぶり」
というと、全国的には皆既日食の話題だっただろうか。
僕の周りではもう一つの「46年ぶり」があった。

「茂木高校野球部、県大会ベスト8」

残念ながら準々決勝で敗退。。
知ってる子が3年生で在籍しているので、ひそかに応援していた。
9回裏、最後のバッターボックスに立ったのかな。
思い切り振ったものの、外野フライに打ち取られてゲームセット。
甲子園、見え隠れしたかなー。

夏の運動部って、やっぱり青春って感じです。
一度きりの夏。
いいなあー。






 

| | コメント (6)

2009年7月21日 (火)

北日本ツアー報告(北海道編その2)

Img_1920
高校時代の友人と連絡をとり、会うことに。
行く当ても無いので、とりあえず円山の「森彦」でコーヒー。
古い家の感じが、その友人の以前住んでた家みたいだね、なんて話たりして。
(森彦のスタッフの方が江別に来てくれました。感激!)

その友人に、「じゃあ、いいところ連れて行くよ」といわれて、札幌の北の方へドライブ。
石狩湾の方から、オロロンラインを北上して望来へ。
海と山と風車と。途中の景色がすばらしかった。
案内されるまま運転して到着したのは、かわいいコテージでした。
七輪で肉を焼きながら、とりとめの無い昔話や、今の話。
ゆっくりした時間は貴重です。

後日あらためて高校の友人数人と飲む。
今度は課題曲きめてスタジオに入るなんてどう?
なにやる?MSG?ドッケン?

Img_1900
別の日にはパパンと乗馬。
親子乗馬は久しぶり。
指導されるのも、久しぶり。
手加減して。。乗るの一年ぶりなんだから。。

さすがに筋肉痛が襲ってきました。

帰りのフェリーはほぼ満席。
ベッドがとれなかったのはきつかった。
船の風呂からの景色はきれいですけど。

Img_1885
ちょっと落ち着くカフェでした。
南1条西6丁目の第2三谷ビル。
プリンうまし。

Img_1886
そのカフェが入ったビルの近く。
覗いたら人形が一杯。。
ちょっと怖くて入れなかった。

Img_1929
笠間の道の市でみかけた車(家か?)を、苫小牧港で発見!
なんかのイベントに出てたのかな?
一緒に大洗まで。
目立ちます。

| | コメント (2)

2009年7月20日 (月)

北日本ツアー報告(北海道編その1)

Img_1922
札幌の家を拠点にして活動していることもあり、北海道のイベント「江別やきもの市」に参加してきました。
江別駅からちょっと離れたところは、新しい町並みで活気があるのですが、会場となった江別の駅前は、正直かなりさびれてます。
たまに猫が横切るかな、という感じ。
下見に行った時は心配でした。(江別の皆さんごめんなさい)

ところが、イベントが始まったとたん、あふれる人、人、人。
お客さんみなさん、このイベントを心待ちにしているんだなあ、と実感。
ものすごい盛り上がりようでした。
それなのに、準備不足で物が足りなくて済みません。
次回参加できたら、たっぷりもっていきます。

Img_1907
かなり味のある建物がありました。
その昔、川(石狩川支流?)から直接荷おろししていたというこの建物は、現在「NPOやきもの21」の事務所です。ギャラリーもあります。渋いです。

Img_1910
カフェ&バーOLD.e# 入れなかったけど、外から見たかぎりいい雰囲気。
江別、いいです。
来年も参加したいですねえ。

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

北日本ツアー報告(青森編その2)

Img_1858
学生時代から変わったところと、変わらない町並みと。
酒蔵の前の公園には奈良さんのオブジェ。これはなかった。
Img_1854_2
弘南鉄道中央弘前駅近くの教会。
「そういえば、学生の時も気になっていたな」と思い出す。
Img_1864_2
市役所近くに保存されている建物(旧図書館だったかな?)。
ツインタワーがかっこいい。しっかり見るのは初めて。
Img_1861
同じく、市役所近くで。
Img_1860
青森銀行はいつ見てもすばらしい!
かっこいいなあ。

Img_1868_2
早朝、馬場に行くときに岩木山が見えた。
キレイな山ですね。

| | コメント (2)

2009年7月18日 (土)

北日本ツアー報告(青森編その1)

Img_1847
行ってきました、青森〜北海道ツアー。
まずは、青森・鯵ヶ沢のC-POINTです。
学生時代を過ごした青森でのイベントに、今年も参加することが出来ました。

イベント前日に青森入りしました。
深夜早朝割引の時間(朝6時まで)ギリギリにインターへ滑り込み(真岡で荷崩れあり。あせる)。
東北道を順調に北上して午後に弘前着。まずは学園町・弘前大学馬術部馬場へ。
2頭乗せてもらいました。
学生時代を思い出す。部員の皆さんありがとね。
この時点では、まだ身体は無事。

C-POINT一日目は、午前中雨。
去年と同じ場所に決めたら、お隣も去年と同じ木工のgreen lightさんでした。
イベントが始まると雨は上がり、そのかわり日差しが強くて。焼けましたね。
二日目は朝から天気よく、お客さんもたくさんで。
ただ、午後は風が強くなり、テントが飛ばされそうに。。
結局途中でテントだけたたみました。

イベントに来て頂いたお客さま、ありがとうございました!
実行委員会、スタッフの皆さんお疲れさまでした!
来年も鯵ヶ沢で会えると嬉しいです。

Img_1849_2
鯵ヶ沢のイカ、美味そうだったけどタイミングのがす。。
次の日は、早朝馬術部の馬に乗ったり、土手町のステーブルズに行ったり、岩木山神社に行ったり。

Img_1882_2
北海道へは、八戸〜苫小牧のフェリーで。
大洗のよりちょっと小さめ。いやかなり小さいか?
二等船室ひとりじめー。
船の中で遅い筋肉痛。。ウチモモが痛い。

Img_1871_2
天間林あたりの廃線あと。
Img_1877
三沢基地の近くでは、間近を飛行機が!
思わずコウフン。

青森話、もうちょっと続く。



| | コメント (0)

2009年7月17日 (金)

横須賀・陶吉花「夏の器展」

Dsc03382

毎年恒例の横須賀・陶吉花さんでの器展が始まります。
今年も「どぶ板バザール」にあわせての開催。

お近くの方は、ぜひどうぞー。
(今年は、ロクロ実演ができません。すみません。)

7月18日(土)〜7月26日(日)
陶吉花
横須賀市本町2−5
11:00〜18:00
046-825-8848

| | コメント (2)

2009年7月16日 (木)

るるぶ栃木県版 '10

Img_1932

今月発売された「るるぶ栃木 '10」(JTB)の益子・真岡のページにて、taro-coboが紹介されています。
うーん、今までの掲載記事とはかなり趣がことなり、若干恥ずかしい。。
が、まあ、興味があったら見てみてください。
友達のショージちゃんも載ってますのでね。かわいいかっこで。

はからずも、U字工事と紙上で共演してしまった。
ごめんねごめんねー。

| | コメント (2)

2009年7月15日 (水)

帰ってきました

200907061906000

青森→北海道の北日本ツアーが無事終わり、栃木に帰ってきました。
19時間の船旅(札幌の実家を出てからは24時間)の後、船底から大洗港に出て来て、まずは「関東、暑い。。」という印象。

旅行の詳細は、またあとで!

次は横須賀「陶吉花」でのtaroフェア。
その次は千葉・野田のfuracoco二人展。
そのさなかに汐留でのイベント。
夏もがんばりますよー

↑画像は弘前城東の中華料理屋さん「みんぱい」
カニチャーハン、うまかったー!

| | コメント (3)

2009年7月 2日 (木)

出発!

Img_0597

いよいよ、明日から北日本ツアーです。
まずは、東北道で弘前へ。
鯵ヶ沢のイベントのあと、北海道へ!

いってきまーす。

| | コメント (3)

2009年7月 1日 (水)

ホタル

Img_1831

「茂木のホタルスポットに行ったけど、ホタルが見られなかったー」
と聞いていたので、今年は見られないかもと思っていたら、思いがけず庭に一匹迷い込んでいました。
今年はこの一匹かな。

ところで、自分の身体に「日本人離れしたところ」が見つかりました。
「歯の根の長さ」が日本人離れしているようです。



| | コメント (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »