« カゼとユズ | トップページ | 汐留はじまります! »

2008年12月 4日 (木)

ジャパメタ青春狂奏曲

Img_0979

いつの時代も、男子はちょっと悪っぽいものとか、奇抜な格好の人にある種の憧れを持ってしまうのかもしれない。

都会からは少し遅れたかもしれないけど、北海道は日高の片田舎にもヘビィメタルの波は確実にたどり着いた。もう20年以上前のはなしだね。

聖子派か明菜派か、あるいは銀蝿のジョニーはなぜにジョニーなんだ、といった小学時代を経て、地元のラジオ等で少しずついろんな音楽に触れるようになった中学時代のある日、クラスの友人がカセットを貸してくれた。

それは「X-RAY」の「SHOUT!」
いやーしびれたね。
今まで聴いたことの無い、派手なデカイ音。超絶のギターソロ。地響きのようなツーバス。意味の分かんない歌詞とハイトーンボイス。
今見ると倒れてしまいそうな、ピタピタの当時のステージ衣装も長髪もメイクも。
「なんかわかんないけど、かかかか、かっこいい!!」

それからは、X-RAYの他の音源を借りたり、他のバンドを教えてもらったりしてメタルの罠にはまっていった。

当時、学校で人気があったのは、メロディーと歌のうまさが抜群の「アースシェーカー」、なぜか金髪、なぜか青い目、なぜか外人ぽい名前の「44マグナム」、そしてスーパーギタリスト高崎晃擁する「ラウドネス」の3バンド。
X-RAYは少数派で、音源の貸し借りも大変だった。

その後、VOWWOW、アンセム、フラットバッカー(後のEZO)、ガスタンクなど(やはり日本のバンド)にも出会い、ロックの魅力の餌食に。

ラウドネスは最初は硬派すぎて嫌いだったのだが、全編英語詞のアルバムを聴いて一気にファンになった。高校時代にライブにも行きました。

ラウドネスのドラマー、ひぐっつぁんが亡くなったとのこと。
しばらく聴いてなかったけど、当時の曲をちょっと聴きたくなった。
ご冥福をお祈りいたします。

↑画像は在りし日の「X-RAY」
晋ちゃんカッコいいね。
一度ライブ観たかったなあ。









|

« カゼとユズ | トップページ | 汐留はじまります! »

コメント

そうかー
最近、なくなったドラマーはラウドネスの
人だったんだ・・・
そんなハードなヘビメタファンではなかったけど
なつかしいね・・・・
よくカセットテープで貸し借りしてたもんね
ののは音がいいとかいって、ビデオテープに音だけいれてたねー
メタル ハイポジ LP ダビング オートリバース

今思うと不便だけど、たのしかったね


投稿: ダフ | 2008年12月 4日 (木) 21時34分

僕もラウドネス大好きでした。多分中学の時一番最初に買ったアルバムがThunder In the Eastだった記憶が・・・
高校時代はコピバンもやっていたのでやっぱりショックでした。合掌。

投稿: yuking | 2008年12月 4日 (木) 23時21分

>ダフ
そう、ラウドネスでした。。。
ライブの時は泊まらせてもらったね。
(あれは浜田麻里の時か?)
「ダブルデッキ」とか「A面B面」とか。
隔世の感がある。。

>yuking
ねー。ショックだ。。。
病気だったのは聞いてたけど。

「Thunder in the east」
かっこ良かった!
衝撃でした!
こんど、コピバンでも。。(笑)

投稿: taro | 2008年12月 4日 (木) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カゼとユズ | トップページ | 汐留はじまります! »