« 花さき山 | トップページ | 秋晴れ »

2008年9月22日 (月)

乙女の金沢

Img_0849
寝台特急「北陸」にゆられて日本海側へ。
慣れない揺れと音で熟睡とは言えなかったけど、寝転がりながら流れる景色を見てると旅のワクワクがふくらんできた。
「世界の車窓から」のテーマを鼻歌に、金沢へ。
実は金沢といえば競馬場にしか行ったことが無く、今回が実質初めての金沢の旅。

Img_0873
「中谷宇吉郎 雪の科学館」は金沢から一時間ほどの加賀市にあります。
建物も六角形。
自然は美しいなと実感。
科学の目からも、芸術の目からも。
とてもすばらしい場所でした。

Dsc03466
「金沢21世紀美術館」
プールの中に人が立っているような作品。
プールの中にも入れる。
ゆったりとアートに触れることができる。

Img_0864
犀川沿いにある、ガラス作家の辻和美さんのお店「factory zoomer/shop」。
一階はカフェとショップ。
二階は真っ白なギャラリー。
訪れたときは、大きなガラスの玉が数個、ぐるぐると回り続けていました。

Img_0845
あめの俵屋さんは建物がいい!
もちろんあめは素朴な甘さでかなり美味しい。

そのほか、もちろん海の幸も満喫。
加賀・橋立港の「マルヤ水産」(一階の食堂がリーズナブル)
金沢市内の「蛇の目寿司」など。

和菓子も小物もかわいいものが多くて、女子にはたまらないのでは。

乙女は金沢に恋する、らしいので。


|

« 花さき山 | トップページ | 秋晴れ »

コメント

金沢21世紀美術館!!
行きたいの!ここすごーく行きたいの!!
このプールに飽きるほど入っていたいっ
うーうらやましい!!!!!

投稿: masa | 2008年9月22日 (月) 20時30分

>masa

金沢の旅、よかたったよ。
心配した雨もほとんど降らず。
町の大きさが適度で、大きすぎずでもまた行きたいと思わせる。

伝統のある町並みと、21世紀美術館の近代的なたたずまいの比がよい。
プールの内側から外側から、みんな一生懸命写真撮ってるの。おもしろい。(もちろん僕らも撮りました)

魚うまかったよ。

投稿: taro | 2008年9月23日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花さき山 | トップページ | 秋晴れ »