« 見目テント村(2) | トップページ | 見目テント村(4) »

2008年4月29日 (火)

見目テント村(3)

テント村紹介の続き。

木実さんの作品は奥のギャラリーで。
(以前カフェ「KENMOKU」だったところです)
期間中メキシカンタコスもあり。
Dsc03127

さらに奥の建物はフレンチアンティークの店に。
女の子ならずとも乙女心をくすぐられます。
ええ、すでにくすぐられました。
Dsc03082

hajime studioのテントは、楽しさかわいさ満載!
ピンボールは音が楽しい。
トランペットの絵がいい。いつかハジメ君の絵が欲しいなあ。
Dsc03080

大仁田さんの彫刻は動き出しそう。
愛嬌があるのです。
奥さんの陶器もかわいい!
Dsc03078 
Dsc03083

お隣はガラスのテント。
山口さんは器のほか「つり花器」や「こびん」などにぎやかに。
Dsc03112

伊藤さんは吹きガラスの器のほか、トンボ玉やガラスボタンといったバーナーワーク。
ミシンの作品は財布なども人気です。
Dsc03133

ガラスのテントで楽しいのは、一回100円のくじ引き。
けっこう盛り上がりますよ!
Dsc03119

taro-coboのテント。
棚に並んだ様が「射的みたい」との声も。。。
Dsc03075

丹羽あかね&ヘスアルドのテント。
あかねちゃんは土っぽく、力強い感じ。
Dsc03103

ヘーちゃん(ヘスアルド)は磁器の繊細な作品。
二人で展示すると、作家と作品が逆に見られることがあるそうです。
Dsc03109


まだまだ続く。

|

« 見目テント村(2) | トップページ | 見目テント村(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見目テント村(2) | トップページ | 見目テント村(4) »