« スケート | トップページ | NEUTRAL(水戸のカフェ) »

2008年2月 5日 (火)

春先のカッパの話。

Dsc02881

屋根に積もった雪も、翌日の日中にはとけて、軒下に小さな流れを作った。
雪解けの音は、春先のやわらかな空気を思い起こさせる。
春が、待ち遠しい。

「春先」と言えば、思い出す中学の友人がいます。
周囲の制止を振り切り、川を流れてきた川幅いっぱいの氷に乗って向こう岸まで渡ろうとして、川に落ちた友人。
ずぶ濡れになった彼のあだ名は「カッパ」でした。
よいコは決してマネしないようにね。

暦の上では春です。まだ寒いけど。


|

« スケート | トップページ | NEUTRAL(水戸のカフェ) »

コメント

「カッパ」ゴメン!
会ったことないけど、
笑ってしまった(爆)

投稿: 波平 | 2008年2月 5日 (火) 07時38分

>波平
卒業以来会ってないのですよ。
どこかで、ずぶ濡れのカッパを見かけたら教えてください。

投稿: taro | 2008年2月 5日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スケート | トップページ | NEUTRAL(水戸のカフェ) »