« dipsum X'masギフト展 | トップページ | おちゃらか作品展 »

2007年11月30日 (金)

マリオン

Dsc02508

馬に乗らなくなって、もう何年も経ってしまった。

マリオンとは学生時代の三年半、ほぼ毎日顔を合わせていた。
いや、練習をサボることもたびたびだったので、毎日ではないか。
自転車漕いで馬場に行って、「マリ!」なんつって声をかけて。
こっちでは勝手に相思相愛だと思っていたけど、あっちはどう思っていたかな。

馬と人間とのシビアな関係を思い知ったのは、就職してから。
あのころのマリオンとの日々は幼稚なママゴトで、
相思相愛は、やはり勝手な幻想だったのだろうか。と。


一人旅で訪れた与那国島で、与那国馬に出会った。
その小さい馬に乗せてもらって、地元の子供たちも一緒に、乗ったまま海へざぶん!
何もかも海に溶かしてしまって、凝り固まった気持ちが全部ほぐれていった。

やっぱり馬が好きだな。


学生時代、彼らの言葉がわかるといいのにな、と思っていたけど本当にそうだったか。
言葉に頼れないから、必死に気持ちを考えようとしていたのかもしれない。
時に間違うときもあり、怒らせるときもあり、嬉しそうな表情をすることだってある。

マリオンはもうこの世にはいない。
もう会えないのは、つらい。


この寒い季節になると、長い冬毛と体温を懐かしく思い出す。
ふかふかのクビに顔をうずめると、それは暖かいのだ。

|

« dipsum X'masギフト展 | トップページ | おちゃらか作品展 »

コメント

マリオン。懐かしいですね。彼女を引き出して草を食べに行くの好きでした。ドキドキさせられることもありましたが、楽しい思い出になっています。
乗れない愛馬とつきあいながら、新しい愛馬を探す決心をしました。今の愛馬と同じぐらい好きになれそうな馬と会えるまで、ゆっくり探そうと思っています。

投稿: もりた | 2007年11月30日 (金) 13時19分

>もりた

写真を見ると、元気でかっとびなマリオンなんだけど。
あれから何年も経っているはずなのに、つい昨日のことのように思う。
あの頃の馬が厩舎に今もいるような気がするよ。

そうか、二頭の母になるのね。

投稿: taro | 2007年12月 4日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« dipsum X'masギフト展 | トップページ | おちゃらか作品展 »