« ジャガイモ | トップページ | マサオとツル »

2007年7月16日 (月)

高校野球

Dsc02072

子供の頃から、かなりの運動オンチである。
球技大会も運動会も本当に苦手で、出番があると暗くなっていたもの。
そのせいか、未だにスポーツ観戦にはあまり興味が無い。(なぜか競馬関係に就職したが)

そんな自分が、去年の夏は珍しく高校野球が気になっていた。
といっても、全国大会の甲子園ではない。
予選の「南北海道大会」である。
このときの優勝校は駒大苫小牧。現在楽天のエース「マー君」が投げていたのだから、今思えば当然か。
しかし、この時決勝で敗れたのが、僕の母校だったのだ。
決して強豪校ではない母校が決勝までいった!
「どうしよう、優勝したら甲子園まで応援に行っちゃおうか。」
なんて考えたりして。
同様に勝負の行方を気にしていた同窓生は
「甲子園に行ったら、小遣いから寄付金出すことになるな。。。」
と心配していたらしい。
さすが妻子持ち。観点が違う。
結局は決勝で敗れ、寄付金の心配は杞憂に終わったのだが、後輩の活躍にうれしくなった。

さて、男子校だったその母校が、共学になるという。
え、なんだって?
そんなのあり?
僕らは男子校の、さらに男子寮で灰色の3年間を過ごしたさ。
まあ、男だらけの青春も楽しいものだったさ。
↑こんなの本心じゃないさ。

いまさら共学かよ〜。
20年前にそうしてくれよ〜。
じゃあ寮はどうなるの?
屋上のマリアさんに抱きついたら志望校に合格するって言うデマも、男子校だったから面白いんじゃないのか?
こんな昔のことを今更恨みがましく思い出すとは、我ながら情けない。
いや、それだけ自分の人生に寂しい影を落としているということか。。。

↑写真は自分の頃の母校。
壁に「S」・「M」と大きく書かれています。粋でしょ。
(聖マリアの意味らしいが)


|

« ジャガイモ | トップページ | マサオとツル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャガイモ | トップページ | マサオとツル »