« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

楽しく作る。

Dsc02094

仕事の気分をとっぱらって、粘土に向かってみる。
ちっちゃい花器?なんだこれ。
なんか、楽しい。
初めてロクロで作ったときの気持ちを思い出す。
そうだ、こんな気持ちだったね、作るときって。

「もてぎ里山アートフェスタ」用の「矢印看板(会場までの林道に設置するもの)」も作ってみた。
これもたのしい!
いやーよかった。

Dsc02097


| | コメント (2)

2007年7月27日 (金)

不安定になる。

Dsc02093

自分に対してイライラしたり、先の心配したり、なんだか不安定になる。
焦ったり、悔やんだり、うらやんだり。。。。
そんな落ち込んでいた気持ちが、本を読んでちょっとだけ落ち着いた。
アガワさんのエッセーで少し励まされたり。


本を読んで大泣きしたのは、過去に一度。
小学校の教科書の「かわいそうなゾウ」。
「家で音読してくること」という宿題は、途中から泣けて泣けて、最後まで読みきるのが難しかったな。


<おとなぶって、無理してない?>
なんて、小学生の自分に言われそうだ。
<自分の思うことを大切にしないと、好きなものを大切にしないと。
いみないよ。>

わかっちゃいるのだけどねえ。。


| | コメント (3)

2007年7月17日 (火)

マサオとツル

Dsc02074
「マサオはいつ来てくれるのかな」
と友人が言う。
知り合いに「マサオ」がいる訳ではない。
マサオと言えば、小松でも千でもなく、そう「草刈正雄」。
自分に草を刈ってほしいときに「マサオ」を呼ぶのである。

刈り払い機との出会いは学生時代の馬術部。
おウマのえさを調達するため、来る日も来る日も草を刈っていたもの。
庭の草なんて軽いもんよ。じゃあ、刈ってあげましょうか。
って、これはすごいジャングルだ。
マサオもびっくりだ。
とにかく、蔓、蔓、ツル!
ツユの晴れ間に、ツルと格闘である。

ツルと言えば、ツルネン・マルティという人が選挙に出てますね。
何となく関西っぽい響き。
ハゲヅラかぶって
「ボク、ツルネン。ツルツルヤネ〜ン」
とか言ってくれたらちょっと好きになるのに。

スキージャンプのアホネン選手も
「ボク、アホネン。アッホヤネ〜ン。」
なんて言ってくれないかな。
言わないな。


| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

高校野球

Dsc02072

子供の頃から、かなりの運動オンチである。
球技大会も運動会も本当に苦手で、出番があると暗くなっていたもの。
そのせいか、未だにスポーツ観戦にはあまり興味が無い。(なぜか競馬関係に就職したが)

そんな自分が、去年の夏は珍しく高校野球が気になっていた。
といっても、全国大会の甲子園ではない。
予選の「南北海道大会」である。
このときの優勝校は駒大苫小牧。現在楽天のエース「マー君」が投げていたのだから、今思えば当然か。
しかし、この時決勝で敗れたのが、僕の母校だったのだ。
決して強豪校ではない母校が決勝までいった!
「どうしよう、優勝したら甲子園まで応援に行っちゃおうか。」
なんて考えたりして。
同様に勝負の行方を気にしていた同窓生は
「甲子園に行ったら、小遣いから寄付金出すことになるな。。。」
と心配していたらしい。
さすが妻子持ち。観点が違う。
結局は決勝で敗れ、寄付金の心配は杞憂に終わったのだが、後輩の活躍にうれしくなった。

さて、男子校だったその母校が、共学になるという。
え、なんだって?
そんなのあり?
僕らは男子校の、さらに男子寮で灰色の3年間を過ごしたさ。
まあ、男だらけの青春も楽しいものだったさ。
↑こんなの本心じゃないさ。

いまさら共学かよ〜。
20年前にそうしてくれよ〜。
じゃあ寮はどうなるの?
屋上のマリアさんに抱きついたら志望校に合格するって言うデマも、男子校だったから面白いんじゃないのか?
こんな昔のことを今更恨みがましく思い出すとは、我ながら情けない。
いや、それだけ自分の人生に寂しい影を落としているということか。。。

↑写真は自分の頃の母校。
壁に「S」・「M」と大きく書かれています。粋でしょ。
(聖マリアの意味らしいが)


| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

ジャガイモ

Dsc02071
食べそびれて芽が出てしまったジャガイモを、庭に埋めてみたら、新たなジャガイモができました。
収穫。
意外と美味しそう。
植物は苦手で、すぐに枯らしたり、世話しなかったりなのだが、こいつは大丈夫でした。
出来る料理は、肉じゃがかカレーくらい。。。
作ってみますか。

台風です。
みなさんのところは大丈夫ですか?


| | コメント (3)

2007年7月12日 (木)

ぶりぶり最中

Dsc02069
「無垢里」さんの小喫茶のおいしいもの。
それは、「ぶりぶり最中」。
皮がぱりっとしてて、あんこは控えめな甘さ。
ん〜、うまい。
お茶と一緒にぜひどうぞ。

Dsc02068

三人展が終わりました。
来ていただいた皆様、ありがとうございました!
次は、7月21日からの横須賀「陶吉花」と、同じく21日からの益子「six ギャラリー」です。
どうぞよろしく。
横須賀「陶吉花」の記事はこちら
益子「sixギャラリー」の記事はこちら

| | コメント (4)

2007年7月 8日 (日)

無垢里グループ展始まりました

Dsc02054
代官山「無垢里」での三人展が始まりました。
気心の知れている仲間とはいえ、普段とは違う緊張感があります。
あらためて、二人とも良いもの作るなあと感心。。。
↑Dipsumの夏らしい色合いの鞄。

Dsc02058
↑伊藤亜木さんの風鈴は涼しげなやさしい音。

Dsc02053
↑taro-coboも涼しげな色で。

7月11日水曜まで。
ぜひお越し下さい。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

びわ

Dsc02048
友人が、「びわ」をもって来てくれた。
薄橙色のかわいいやつめ。
口にすると、みずみずしい甘さ。
そして、種は意外とでかい。

梅雨らしい雨降りですね。


| | コメント (2)

2007年7月 3日 (火)

気がつけば、7月

ブログの更新をさぼっている間に、7月になってました。
無垢里の準備は、もうじたばたしてもしょうがない段階。

窯の上部と下部で温度差が出る。
むむむ。
温度計を一つ増やそうか。
けっこうな出費だ。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »