« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

始まりました陶器市!

Dsc01905
益子、春の陶器市が始まりました。
taro-coboのテントは前回までよりちょっと奥に移動しました。
テントも今までの縦の配置から、横の配置へ。
間口が広くなったせいか、テントそのものが広くなったように感じます。

ところで、今日の天気は午前中の晴れから一転、雨と突風!
テントが飛ぶんじゃないかとヒヤリとしました。。
明日からは晴れを祈ります。
5月6日まで。


| | コメント (7)

2007年4月25日 (水)

捕まえた!

Dsc01895

カサコソと音がする。
台所に行ってみると、米が入っていた紙袋が動いてる!
そーっと近づいてみると、いました。
ネズミ君。

紙袋の口を閉じると、かなり焦っていた。
焦りながらも米を見つけると食べちゃうんだよね。
今の状況、わかってますか?
君、捕まっちゃったのだよ。
つっついてみるとまた慌てる。
かわいいやつめ。

かわいそうだけど、家の外に放しました。
ちょっと寒いかなあ。


| | コメント (3)

2007年4月20日 (金)

ミステリーな穴

Dsc01888
今朝起きると、庭に大きな穴があいていた。
昨日の夜、家に帰るときにはなかったはず。
なぜ?
だれなの?

イノシシかなあ。

このブログ、陶芸の話が、いっこうにでてきませんね。
陶器市に向けて準備中です。

| | コメント (2)

2007年4月18日 (水)

せっちゃん

Dsc01886

斉藤和義。
彼の作るメロディー。
彼の作るストーリー。
中性的な声。
ギター。
おねえちゃん好きでエロいとこ。

好きなんです。

ここのところ、こないだ出た「紅盤」をよく聞きます。
日常のちょっとこんがらがったことを、単純に解きほぐしてくれて、
「つまりはそういうこと」
って納得させてくれる。
なぜか懐かしさを感じて、大切な人に会いたくなります。

↑ジャケットがいいでしょ。

| | コメント (2)

2007年4月17日 (火)

マロ

Dsc01784
見目陶苑のマロ。
「毛布の引っ張りっこ」が、僕とマロのお気に入りの遊び。
マロに挨拶しにいくと、毛布をくわえてシッポフリフリ。
「ね、引っ張りっこしよ!」
って言ってるみたい。


| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

ペンペン草

Dsc01872
葉っぱがハート形です。
花の季節、緑の季節。
山も庭も色とりどり。


| | コメント (0)

2007年4月 9日 (月)

益子陶器市のおしらせ

Dsc01426

「春風益子陶器市」出店します。今回も見目陶苑・土空間テント村です。是非ご来店下さい。
いつもの道路際の場所から、少し奥へ移動しました。
是非遊びにきてください。

期間:平成19年4月28日(土)〜5月6日(日)
場所:見目陶苑・土空間敷地内
土空間HP
益子町観光協会HP 


| | コメント (1)

2007年4月 8日 (日)

植木鉢展

Dsc01864
益子のペンション&カフェ&ギャラリー「益古時計」にて、「モスタチノコエグリーンプロジェクト 植木鉢展」が開催されています。
様々な作家の、様々な植木鉢。
緑が入るときれいです。
今月22日まで開催。
益古時計HP


| | コメント (0)

2007年4月 6日 (金)

香川 直島 曼荼羅市(3)

そのた、あれこれ。

<その1 「パオ」>
Dsc01829
直島にはイベント前日に着いて、一泊しなければなりません。
曼荼羅市の担当の方から
「前泊は『パオ』になりますが。。。」
とのこと。
何だ、パオって。
まあいいかと思いつつ、宿泊施設に到着。

。。。。「パオ」って、これか!

モンゴルの遊牧民が使うようなテント!びっくりだ。
なんだか楽しいぞ。
↓ちなみに中はこんな感じ。

Dsc01824


<その2 「うどん」>
噂の「池上」は移転のため、現在は休業中でした。残念。5月から再開らしい。
それじゃということで、猪熊弦一郎美術館に行く途中に坂出市の「がもううどん」による。
。。。しかし、着いたそのときに「完売」の札が。。。。

なんだかあやしくなってきたよ。あせってきた。

近くの「山下うどん店」を探そう。国道からの脇道に入るところが解りづらい。
やっと見つけた。大釜で茹でてるよ!おいしそう!
かけうどんに、ちくわの天ぷら。しめて¥200なり。
うまい!満足。

四国から出る前によった、坂出IC近くの「讃岐の里」の「しょうゆうどん」もおいしかった。
スダチと大根おろしと特製醤油をかけていただく。これまた、うまい。

<その3 「レッカー」>
車の調子が悪くなったのは、琵琶湖の近くの高速道路の上。
結局、近くのインターまでレッカー移動となった。
次の日、「高速道路は走らない方がいい」というアドバイスをきき、一般道で滋賀から茂木へ。
いやあ、日本列島は意外と長かった。特に愛知と静岡が長い。
とりあえず事故なく、よかったです。

旅の話は、これでおしまい。

| | コメント (3)

2007年4月 5日 (木)

香川 直島 曼荼羅市(2)

よりみち、いろいろ。
Dsc01856

曼荼羅市終了後、直島から香川(四国)に上陸し、丸亀市の「猪熊弦一郎現代美術館」へ。
「いのくまさん」(絵本。ぶん・谷川俊太郎)の企画展にあわせて、常設展も「いのくまさんは たのしいな」。

かお。まち。かたち。いろ。ねこ。とり。おもちゃ。

思わず笑顔になる、楽しい作品たち。
香川に来てよかった。

http://mimoca.org


Dsc01852

高松市内では、洋裁教室兼カフェ「柴洋」へ。
昭和初期の古い建物。
使い込んだ大きな作業机をテーブルに。
店内には洋裁教室の大きな黒板にメニューが。
玄米クレープうまかった。

http://sibayo.com

Dsc01816

直島に行く前に、倉敷で寄り道。
「蟲文庫」はちょっと不思議な古本屋。
苔や鉱石や虫に関するものが、そこココに。
いいよ、ここ。
妙に落ち着く。
わくわくする。

さらに、旅の話はつづく。

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

香川 直島 曼荼羅市(1)

Dsc01837

アートの島「直島」!
3月31日から4月1日に開催された「曼荼羅市」に出店し、イベントに参加してきました。
茂木を午前2時に出て、岡山に着いたのが午後3時頃。
直島までは、岡山の宇野港からフェリーで20分。
港では、赤いかぼちゃ(草間彌生さんの作品)がお出迎えしてくれました。

2日間は、心配された雨もほとんど降らず一安心。
参加者は主に四国・中部地方が多かったみたいです。
栃木からが一番遠いかな、と思ったら、ニューヨークから参加の方がいた(笑)
いま開催している「NAOSHIMA STANDARD 2」に来ていたお客さんがテントを覗いてくれたり、直島の島民の方々も作品を買ってくれたり。
楽しいイベントでした。
↓ブースは小さかったけど、いつものtaro-cobo。
Dsc01833

島には、地中美術館、ベネッセハウスミュージアムといった美術館や、「家プロジェクト」と題した家屋の作品が点在。さらに今回の「NAOSHIMA STANDARD 2」の作品の展示あり。全部は回りきれなかった。
地中美術館は圧巻!!!

旅はつづく。


| | コメント (3)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »